更年期障害を乗り越えましょう~ツライ症状に悩まない~

医者

拒食や過食などの状態

医者

食事に関する症状には過食症や拒食症などの摂食障害があります。これは主に思春期の女性に多いとされています。この摂食障害は各個人個人で原因が違うため、その原因に合わせた対処療法が一般的に行われています。

View Detail

副腎皮質の機能低下

看護師

更年期障害は、主に女性の閉経前後に起こる自律神経失調症などの症状を指します。その原因は加齢から来る卵巣の機能低下、及びストレスから来る副腎皮質の機能低下と言われています。卵巣機能の低下は防ぐことが出来ないため、心療内科などにも行きながらストレスを解消して、副腎皮質の機能を取り戻すことが、更年期障害対策として大切になります。

View Detail

辛い状態で過ごさない

男性

女性が抱える更年期障害がうつ病になることもあるとわかっているだけに、落ち込みや気分の低下といった症状を解決させるのが必要です。 気持ちを楽にして、前向きに考えられるように心の専門家へ相談してみる方法があります。

View Detail

女性特有の病気を解決

病院

更年期に眠れない

女性は体のことについていろいろと悩みを抱えるようにあるのですが、なかでも更年期障害の問題は解決が困難と言われています。 更年期障害の原因が女性ホルモンの影響というのがわかっており、 減少したホルモンを補充する方法もあるわけですが副作用の心配をして治療をためらいます。 今の医学がどんなに進んでいても、女性の体にすぐ効果を発揮できる薬はなかなかないと言われています。 実際にホルモン療法や医療の現場で使われる他の薬を用いても、人によっては更年期障害の解決に至らなかったという話しはあります。 更年期障害の症状が不快と言われるものばかりなのですが、そのなかでも不眠を訴えるようなことが起こり更年期になってからよく眠れないという人がいます。薬が効かないというよりも、精神的な部分が症状悪化に繋がっているケースがあるので、そこの根本的な部分を治療していかなければなりません。

更年期を楽にしていく

更年期に入ってから夜に眠れない人が増えると言われますが、それも更年期障害のひとつとされています。 普段起こる不眠症かと思い、治療をのばしていてもなかなか解決しないことから専門家のところを訪ねると更年期障害と告げられるわけです。 更年期障害はこの症状があるから更年期であると、はっきり断定はできないのですが一般的に40歳を過ぎた頃にイライラや落ち込み、倦怠感をいつも感じるようにあればそう判断するわけです。 不眠を抱える場合は、婦人科でも睡眠導入剤や精神安定剤を処方してもらえます。些細なことで気持ちがよく落ち込む、やる気がでなくて仕事や家事がいつものようにできないというときは、心療内科を受診しますとカウンセリング療法が実施されます。カウンセリング療法であれば、何が原因となっているのかを知ることが出来ますし、それによって症状が緩和してくることもあります。薬を用いてもなかなか効果が得られないという人は、精神的な面が大きく関わっていることが多いので、心療内科などの医療機関を訪ねるといいでしょう。